​葬儀

<葬儀でよくあるトラブル>

昨今、派遣僧侶やネット申し込みに特化した葬儀社が多く見受けられるようになりました。

施主家に寄り添い親身になってくれる僧侶や葬儀社であれば良いでしょうが、トラブルが多いのでよくよく考えて僧侶や葬儀社を依頼していただきたいと思います。

例)「菩提寺は大雄院」と葬儀社に伝えたが、葬儀社が「遠くて来てくれないだろうから」と、葬儀社と提携している寺院や僧侶を紹介され、言われるがままにそちらで葬儀を頼んでしまった

 

当院は、遠方でもお伺いいたします。住職の都合がつかない場合でも、僧籍(僧侶の資格)がはっきりとしている信頼のおける僧侶に伺わせますので、必ずご一報ください。

fullsizeoutput_45d2.jpeg

葬儀社と提携している僧侶は、資格があるかも疑わしく、寺院を持たない僧侶の場合も多く見受けられます。そういった方々は四十九日法要の後の埋骨や年忌法要を受けていただけない等、後々のことを考えていただけない不親切な行いが多いと聞きます。また、「曹洞宗」と名乗りながらも、お調べすると他宗であったりも多々ございました。

葬儀のみを受け付け、「後は知りません」と言われないよう、信頼できる葬儀社での葬儀をお勧めいたします。基本的に、葬儀社が紹介する僧侶は、葬儀社に紹介料を支払っているビジネス関係にある僧侶です。以前、「大雄院を紹介して欲しい」と葬儀社に伝えたが、他の寺院二カ寺しか紹介して貰えなかった。と直接御来山いただいた方もいらっしゃいました。

曹洞宗では、「他寺院の檀信徒の葬儀を菩提寺に無断で行わないように」と全寺院が厳しく指導されております。曹洞宗の規則を無視するような寺院・僧侶は、果たして信頼できますでしょうか。

 

大雄院では、檀徒様以外の方からの御葬儀申し込み、新規墓地、永代供養などは全て、菩提寺を確認させていただきます。

そして、菩提寺がある方は、必ずそちらとよくお話しされてからお申し込みいただくようにお伝えしております。

御葬儀布施についても、金銭面について不安がある方は、まずは菩提寺に相談しましょう。

心から、おいくらでもお気持ちで結構ですよと言ってくださる寺院であれば、ずっとお付き合いを続けた方が良いでしょう。

ネット葬儀社や派遣僧侶会社は『定価』だから、明瞭で良心的で安いと謳っていますが、その言葉を鵜呑みにしませんようお気をつけください。

地域の寺院や葬儀社の方が金銭面の負担が少なく、墓地や法事の心配もありません。

『会社所在地がはっきりしない・登録僧侶がよくわからない派遣僧侶・住所が寺院ではない・他県の寺院の住職が何故か違う場所で派遣僧侶を営んでいる・安さばかり強調し、デメリットには一切触れない葬儀社・菩提寺があると言ったのに違う寺院を紹介してくる葬儀社』など、疑問が残る業者にはお気をつけください。

当院の檀徒でなくても、曹洞宗で寺院を紹介してほしいとお問い合わせいただければ、信頼できる寺院を紹介させていただきます。

IMG_0498.jpg